このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

会社情報

サポートセンター

年金・保険の設計

ながいき生活保障と万が一の死亡保障

無駄の少ない保険が持つ貯蓄機能と保障機能を上手に使って、効率のよい設計が望まれます。

医療保障は貯蓄による対応も

健康保険には高額療養費制度があるため、月当たりの自己負担の上限はおおよそ9万円となります。貯蓄医療資金として備えることも検討しましょう。私的保険に加入するなら、公的保障の対象にならない個室などの差額ベッド代、治療の選択肢に加えたい先進医療についての保障を組み入れることをおすすめします。